ヴィベケ・エス・リーセの「お買い物」ならココがおすすめ | ドッグ・トレーナーテクニックを買うならココ!

かなり詳しいのかなと期待していたのですが期待していたためか!少し物足りなかったです…。飼い主の勝手な思い込みや解釈してたことに気づかされます。愛犬の気持ちを少しでも理解するために本書を購入。

コレです♪

2017年01月14日 ランキング上位商品↑

ドッグ・トレーナー テクニック ヴィベケ・エス・リーセドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック [ ヴィベケ・エス・リーセ ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天

犬の表情を読む面白さや大切さが実感できる役に立つ本です。勘違いしていたことも多々あり、目からうろこの様な情報もあり為になります。知り合いのトレーナーの方から教えて頂き購入。犬のなにげない行動にこんな隠れた意味があるのかと感心するばかり・・。これを読むと、愛犬のことがもっと分かるようになると思います。一般的なトレーニング本とは全然違い!A4サイズで写真付の説明はとても分かりやすいです。私の周りではこの本が評判になり、4〜5人の人が教科書の様に読み返しています。ただ!若干弱い私の頭であれだけの知識を詰め込むのが難しいかもしれないなぁ(^^;)頑張ろッ。これを知らずに無理やり犬をしつけようと思っても出来ないのは当たり前かもしれない。3冊セットで購入しましたが、大変勉強になります。写真も多くて!一つ一つに説明があり分かりやすいです。しつけとはまた違う観点で書かれていて、 犬をよく知るにはとてもいい参考書になりました。今度の連休にじっくりと読んでみようと思います。愛犬の行動を見ていて!あーこれは「自分は友好的で安心だよ」というサインだ!とか色々なしぐさや行動の意味が分かって来て面白いです。とてもためになります。これを元に愛犬をよく観察していれば、思っている事がよくわかるようになり、対処もできるようになると思います。色々なパターンの具体的な写真があり!それぞれに細かく説明がついていてとても分かりやすいです。ページ数!情報量ともに結構な量なので!まだパラパラと目を通す程度しか読んでいませんが!かなりおもしろい。我が家の犬(柴犬です)に簡単なカーミングシグナルを使ってみていますが、どうやら通じているようで嬉しくなります。いちいち納得! これを読んでから公園で会うわんこ達の行動もふと目に留まります。愛犬家の皆さん!お勧めです!!かなり厚く大きい本です。犬の表情や行動で!何を言っているのかが分かるようになります。写真がたくさんで!解説されていて読み応えがありました。最初!自分の分を購入し!大変おもしろく為になり!そんな事を話しているうちに評判になって!新たに友人から頼まれ友人の分を注文。わんこを観察というか!仕草を眺めることが好きな方にオススメの1冊です。犬の行動心理学という、日本では遅れている分野の本なので、目からうろこの事ばかり。写真なので、犬の動きや一瞬の表情など、読み取るのは難しいですが、とても勉強になりました。トレーニング以外にも、他所のワンコとも意思疎通が出来るので、これを読んだ方には是非やってみて欲しいです。カーミングシグナルもそのひとつですね。近々オゥシーの仔犬を迎えるにあたり、こちらと、仔犬レッスンテクニックを購入しました!日本とは違うなぁと第一印象!写真付きでとても見やすかったです!!まだまだボディーランゲージを読み取ることは難しいけど実家のシェルティを見て勉強中!外国の方が書いた本の訳本ですが、写真を多用して細かく解説してあり内容はむずかしいがわかりやすい。犬に詳しい人もきっと改めて納得・再確認でき、初心者もきっとこれから愛犬を理解してあげて一緒に過ごすためにとても役に立つと思います。たくさんの写真でコマを割って説明してくれているのでとてもわかりやすく、イメージがつかみやすいです。ですが初めてわんちゃんを飼う方にはお薦め本だと!おもいます犬は!言葉を喋らないのですが体の動きで色々な心理状態を語りかけているようです。。じっくりと読んでしっかり身に修めたい一冊です。犬飼いなら「あーなるほど」と共感できる内容でした。オールカラーで写真たっぷり!重さも読み応えもたっぷりです。うちはパグなので、しっぽの動き等あまり参考なりませんが、散歩で会うわんこたちの表情を読んだりするのに役立ちそうです。オールカラーでこのお値段は文句なしです!とても分かりやすいし、買って良かったです。本のタイトルが専門書みたいで「もしかして難しい?」と思いましたが全カラーで見やすい写真と説明文。わんこのシグナルを実際捉えるのは瞬間的になので難しいのですが本書は大きな助けになりそうです。私はドッグトレーナーの卵なのですが、何度も読み返すと、読むたびに発見があります。届いてビックリのA4サイズでした。少し、アニマルコミュニケーションぽいところもありますが著者はそうでないと言っています。頁数があって読み応えありです。